永代供養と高野山真言宗のご葬儀、ご法要・ご法事なら、兵庫県神戸市の清林寺にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

078-576-0712

清林寺 清林寺

こんなお悩み、ございませんか?

  • 近隣に真言宗の僧侶がいなくて困っている
  • 真言宗の葬儀ができるお寺を探している?
  • 葬儀は静かなお寺で厳かに行いたい
  • 真言宗の葬儀を執り行いたい
  • 真言宗の僧侶を探している
そのお悩み、清林寺が解決します

清林寺の3つの安心

「新開地」駅から徒歩5分、
アクセス良好な立地

兵庫県神戸市清林寺は、「新開地」駅から徒歩5分、「兵庫」駅から徒歩6分、「大開」駅から徒歩7分と、アクセス良好な高野山真言宗の寺院です。

都卒浄土へとお送りするご法要

清林寺では、「春季彼岸会」「大般若会」「盆・施餓鬼会」「秋季彼岸会」「五日三時法会」など年に5回の法要を執り行っており、年中行事として「新年祈祷会」「節分会(星供)」「地蔵盆」も行っております。

永代にわたって心を込めて
ご供養いたします

清林寺の永代供養は、生前の宗教、宗派に関係なく、ご子孫に代わって、ご位牌を当山が心をこめてご供養いたします。

清林寺の永代供養

祠堂供養

先祖代々守られてきたお墓は、子ども、孫が継承すべきですが、少子高齢化社会を迎えている現在、難しくなっています。
清林寺では、本堂内の脇段にて「位牌」をお預かりし、亡くなった方のご家族に代わって、当山がご供養させていただきますので、 お墓の継承者がいない場合でも、永代にわたってご供養と管理をさせていただきます。

ご供養料30万円(一霊ごと)

御骨の永代につきましてはお受けいたしておりません。

清林寺のご葬儀、
ご法事・ご法要

ご葬儀

清林寺の葬儀

清林寺では、真言宗のご葬儀を執り行っております。
詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

ご法事・ご法要

清林寺のご法事・ご法要

清林寺では、各種ご法事・ご法要を執り行っております。
詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。


清林寺のご法事・ご法要
清林寺の年中行事
1月 新年祈祷会
2月 節分会(星供)
3月 春季彼岸会
6月 大般若会
8月 盆・施餓鬼会
同月 地蔵盆
9月 秋季彼岸会
11月 五日三時法会

高野山真言宗について

真言宗について

清林寺

真言宗は、仏教の神髄の教えを説く密教の宗派で、弘法大師により日本に伝えられました。
根本の御仏は宇宙の本体である法身仏「大日如来」です。
大日如来の御真言は「オン アビラウンケン バザラ ダトバン」とお唱えします。

弘法大師について

弘法大師

弘法大師は、お名前が「空海」で灌頂名を「遍照金剛」とお呼びします 。
宝亀五年(774年)6月15日に、現在の香川県善通寺市でご誕生になり、承和二年(835年)3月21日に、和歌山県の高野山で御入定なされました。
弘法大師の御宝号は、「南無大師遍照金剛」です。
弘法大師を拝む時はこの御宝号をお唱えします。

教義と信仰

仏や菩薩

宇宙のすべてのものは、大日如来の「いのち」の顕れであり、この「いのち」の世界をあらわしているのが「曼荼羅」です。
高野山真言宗の教えは、「いのち」の平等と尊厳をさとり、「大日如来の智慧」をこの世に実現するために、「生かせ いのち」を実践し、「共存共生の世界」を目指すことにあります。
弘法大師は、未来永劫にわたって衆生を救済すると御誓願され、高野山奥 の院に入定留身されています。
「同行二人」の信仰のもと、大師の御教えをこの世に生かし実現することが、私たちの務めであり、喜びです。

清林寺概要

寺院名 集鳥山 清林寺
宗派 高野山真言宗
住所 〒652-0804
兵庫県神戸市兵庫区塚本通3-3-7
アクセス 神戸電鉄有馬線「新開地」駅から徒歩5分
JR山陽本線「兵庫」駅から徒歩6分
山陽電鉄本線「大開」駅から徒歩7分
市バス「永沢町」停留所から徒歩3分
TEL

078-576-0712

078-576-0712
問合せ受付時間 9:00~23:00
定休日 年中無休

アクセス地図